HOME > 失敗しない、アンティーク家具の上手な選び方
       
プロローグ
一般的にアンティークとは、およそ100年以上を経過したものを指します。その中でも状態の良いものはリペア(補修)することにより、現在でも問題なく使うことができます。なぜ100年もの古いものが今もなお愛されるのか、それは素材の良さやインテリアとして美しいデザインが多いこと、また、熟練された職人が丁寧に造り上げた、丈夫な造りと職人の〝こだわり〝がそこにあるからでしょう。そしてアンティーク家具の最大の魅力は100年もの歴史の中で生まれた年輪のような、その深い渋みと自然と褪せて浮き出た〝風合い〝ではないでしょうか。

 

 

    
  -Category- 
  Ⅰ 基本のアンティーク家具選び 
  Ⅱ 動線と有効スペースを考える 
  Ⅲ アンティーク家具の主な材質とは? 
  Ⅳ 美しいデザインその装飾と技法 
  Ⅴ 美的要素を崩さない考えつくされた機能性 
    

アンティーク家具選びの基本

 
 
たくさんのアンティーク家具を実際に見てみましょう。デザインや素材の質感、風合い、年代や輸入国などもチェックしてみて下さい。可能であれば引出しや扉の開閉、がたつき、キズ等も確認しましょう。アンティーク家具がどんなものなのかを事前に知っておけば安心ですよね。ネットで購入をされる方も多いと思いますが、遠方などで、どうしてもお店に行けない場合は疑問や質問をお電話、メールなどでお店に聞いてみましょう。「パルテノン」では、たくさんのアンティーク家具や照明、雑貨などを実際に見て触れてご確認して頂けます。メールやお電話でのご質問にもスタッフが丁寧にお答えいたします。 
 
 
基本としては、どこに置いてどのように使うか?を考えましょう。置く場所や使い方が決まれば、実際に置く場所のスペースを確認し確保することが大切です。あらかじめ置く場所のスペースには引出しや扉、人物の有効スペースも考慮しておくのも失敗しないためにはとても大切です。 
 
 
アンティーク家具は一点ものがほとんどです。似たようなデザインであってもサイズが少し違ったり、素材が違ったりということが多いです。お気に入りのアンティーク家具に出会ったらできるだけ早い購入への決断も必要です。あれこれ悩んでいるうちに「SOLD OUT」ってこともありますから・・・。 ですが、アンティーク家具の状態や詳細を良く見ていなかったり、置く場所、スペースを確認・確保しないで購入すると後で後悔することにも成りかねません。ですので、商談期間を設けるなどして疑問を解消・検討、スペースの確保をしてくことで、失敗しない、上手な家具選びをしましょう。 
 
 
アンティーク家具というものは時代を超えて愛されてきました。約100年もの間に湿気や乾燥を繰り返すうちにヒビや割れ、がたつきがあるのは自然のこと。これからも長く愛され使われていくためにもリペア(補修)はとても大切です。当店では専門のリペアクラフトマンが丁寧に補修しています。また、アンティークの魅力である風合いはそのままに、キレイに美装、ワックスがけをすることにより艶を出し、湿気やホコリからも保護します。以上のようにリペアや美装、ワックスはしているか?もお店に聞いてみましょう。そして保証はあるのか?など購入前に確認しておくと安心ですよね。 

 

 


 

 

パルテノンのアンティーク家具はリペア、美装、ワックス掛け済みです。また、ご購入より安心の一年保証付きです。
さらに詳しくは、「家具のリペア ~補修・点検・美装~ 」にてご説明しておりますので、ご確認ください。