HOME > シャンデリアの? ~すべての疑問にお答えします~
  1. 安全性について  
  2. 輸入シャンデリアの電圧について
  3. シャンデリアの電球について
  4. 組立てについて
  5. 取り付けについて
  6. ご購入後の保証について
     

 

 

 

 

   
    1. シャンデリアを選ぶ前に、まずは確認しましょう。
  2. シャンデリアを選びましょう。
  2-1. シャンデリアのサイズの見方
  2-2. お部屋の広さで、シャンデリアの大きさ(灯数)を調べましょう。
  2-3. お部屋に設置するシャンデリアの高さを調べましょう。
   
   
   
 
   
  1. シャンデリアのチェーンの長さを変更する。
  2. 取付プラグを変更する。
  3. ローソク型カバーをカスタマイズする。
  4. 電気コード゙をカスタマイズする。
 

5. 好きなカラーにチェンジする。

 

6. ガラスの装飾でエレガントに!

   

   
  1. 取り付け方法について
   
   
   

 
   
   
   
  1. 一般シャンデリア形電球
  2. シャンデリア形LED電球
  3. こだわりのエジソン球と曲がりフロスト電球
   
   
   
   

 

 

 

 

 

 


 

 

 

パルテノンのアンティークランプは安心対応
       
  PSEマーク付きです。

「照明の検査について」詳しくは、こちらをご覧ください。

  100ボルトの電圧に対応
  シャンデリア電球付き
  パーツを付けてお届け
  納得いくまで丁寧にご説明
  全商品保証付き
     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

照明の検査について

 


  アンティークランプをいちから組み直し全て自社での「安全点検」を行ってからお客様の手元にお届けしています。  
     
  当店の扱う1968年以前に製造された、電気用品安全法の技術基準に適合しないアンティーク/ヴィンテージ照明器具などはPSEマークを表示できませんが、法令に定められた自主検査を行い、安全性を確認した上で経済産業省の例外承認制度をうけて販売いたします。  
 
(電気用品安全法第8条第一項第一号及び第27条第二項第一号)
 

 

 

  1. 安全点検とは?
   
  パルテノンでは、PSE基準の検査試験機を使い下記の試験を行い、安全性能を確認しております。
     
  ①外観検査・・・・ 専用工具、目視で電気用品の外観に異常がないか確認します。
     
  ②絶縁耐力検査・・ 電気用品安全法の基準にみたした機械を使い、電気用品に絶縁性能があるかを確認します。
     
  ③通電検査・・・・ 電源を入れた状態で正常に作動するかを確認します。
     
 

上記試験内容を保管し、安全管理に努めています。

     

 

 

 

  2. アンティークランプのリペア(解体から、美装・電気部品の交換・組み直しまで)
       
   
 
  before   after
 
<Before>
 
<After>
   
画像をクリックすると大きい画像で表示します。
 
       
 

パルテノンのアンティークランプは、安心してお使いいただけます。その理由は、自社の工房にて経験豊富なスタッフが解体から美装、古い電気部品の交換、組み直しまでを丁寧に行っているからです。

       
  では、リペアの工程写真もご覧いただきながら、工程ごとにご説明いたします。
       
    アンティークランプ・リペアの工程
   
   まずは、リペア前のアンティークランプをご覧ください。
   
 

リペアする前のアンティーク・ランプの状態は、ものにより違いが生じますが、およそ70年以上も永く愛され使い続けられています。数十年もすれば劣化が進むのは、自然のこと。そしてまたリペアをすることで、この素敵なアンティークランプを安全に使うことが出来るのです。しかし、古くなった配線や電気部品のまま、リペアせずに使い続けるのは、大変に危険です。また、シャンデリアの真鍮もくすんで輝きを失っています。

       
 

画像をクリックすると大きい画像で表示します。

photo_01 photo_02 photo_5 photo_6
1.
2.
3.
4.
 
1. フランジは、内部の金具がサビています。強度が心配ですね。

2. 擦り切れて細くなったチェーンや、老朽化し使用を続けるのは危険な電気コード。

3. 本体、アームなど真鍮表面はくすみがあり、輝きがないため美装と磨きが必要ですね。

4. 電球のソケットとなる部分は木製で、とても粗末な作りであり、古くて使えない状態です。

       
photo_7 photoa_08 photo_09 photo_10
5.
6.
7.
8.
 
5. 真鍮はくすみ、ローソクカバーは古くなり汚れています。交換しましょう。
6. 電気コードの黄色い保護カバーが途中から切れて破損している。
7. チェーンと本体を連結している真鍮の部品、シャンデリアの揺れで部品が削られ変形している。

8. ローソクカバーと電球ソケットをはめる真鍮の装飾部品、木製のソケットが乗っているだけの

  粗末な状態。装飾部品のコード穴も小さい為、大きくし、ねじ切り加工も必要です。

       

 

このように、アンティークランプは連結金具やチェーン、電気配線など、劣化が進んでいます。とくに見えない部分は要注意です。解体してきずくこともありますから、パルテノンでは解体可能なところまで解体し、安全性をチェックしています。では、リペアをはじます。まずは、工程1「解体」です。

       
 
 工程1
 解体
   
  シャンデリアにより違いはありますが、可能な範囲まで解体していきます。
 
  解体前   解体後
   <解体前>   <解体後>
  画像をクリックすると大きい画像で表示します。  
 
 工程2
 状態の確認
   
 

解体をした際に、状態を確認します。破損や劣化している部分をこまかくチェックして

修復や加工、部品の一部交換などを検討していきます。

   
  画像をクリックすると大きい画像で表示します。
 
  配線 フランジ チェーン ソケット
  1. 2. 3. 4.
   
 

1. 黄色い保護カバーが途中で切れて配線がむきだしになり、劣化も進んだ危険な電気配線。

  古い配線を全て取り除き、日本製の新しい電気配線に交換する必要があります。

 

2. フランジ内部の金属部品、鉄が錆びついており耐久性が低下しているため落下する危険がある。

  照明が落下するのを防ぐ ために、新しい部品に交換することで安心して使用することが出来る。

 

3. チェーンは金属の厚みが薄く、劣化が進み錆ついており耐久性が低下、フランジ内部の金属

  部品同様に落下の危険が考えられるので、こちらも新しいチェーンに交換する必要があります。

 

4. 電球のソケット部分は、とても粗末な作りになっており、使用できない状態でした。

  こちらも全て、新しい電気ソケットに交換する必要があります。

   
 
 工程3
 美装
   
 

解体してパーツをひとつひとつ、ブラシやスポンジなどで丁寧に水洗いします。汚れが酷く、簡単に落ちないものは本体を傷つけないよう、洗浄剤や洗浄道具を工夫したりして出来る限り汚れを除去していきます。

   
  画像をクリックすると大きい画像で表示します。
 
美装(画像1) 美装(画像2) 美装(画像3) 美装(画像4)  
1. 2. 3. 4.  
   
 

1. 細かいパーツもひとつひとつ美装します。

  2. 洗った直後で、まだ水気が残っています。
  3. アームの曲線や溝も丁寧に洗っていきます。
  4. 全ての美装が完了し、水気も拭き取りました。
   
 
 工程4
 電気部品の交換と加工
   
 

まずは、古い配線から交換していき、電球のソケットも安全なものにすべて交換していきます。

その他にも、シャンデリアの荷重に耐えるチェーンやいくつかの部品の交換や必要であれば部品

の加工もしていきます。(画像をクリックすると大きい画像で表示します。)

   
 
 
  電球のソケット交換(写真2)   電球のソケットを取り付ける部分のシャンデリアのパーツ。配線を通す穴が空いていますが、小さい為に新しい配線を通すことができません。少し穴をドリルで広げて大きく加工する必要があります。
 
シャンデリアパーツを機械に固定して、ドリルで穴を広げて大きく加工しようとしているところです。   配線の交換(写真1)  
 
  電球のソケット交換(写真2)   左が加工済みのものです。これで配線を通すことができる。
 
左がもともと付いていた木製の電球のソケットです。しっかりと固定せずシャンデリアのパーツに、はめ込んでいただけの粗末な作りでした。右がネジ溝のついた鉄の棒に固定する予定の新しい電気のソケットです。   配線の交換(写真1)  
 
  電球のソケット交換(写真2)  

新しい電気のソケットと穴を広げたシャンデリアパーツを連結と固定をするためのネジ溝のある鉄の棒です。必要な長さにカットして使用します。

 
次に、パーツと電球のソケットを固定させるためのネジ溝のある鉄の棒をハメるため、広げた穴にネジきりを使って、ネジ溝をつけます。   配線の交換(写真1)  
 
  電球のソケット交換(写真2)   ネジ溝をひとつずつ丁寧に手作業でつけました。
 
穴を広げてネジ溝とつけたシャンデリアパーツに、ネジ溝のある鉄の棒をハメました。   配線の交換(写真1)  
 
  電球のソケット交換(写真2)   電気配線を通し、一部パーツを組みました。
 
加工と配線を済ませた6つのアームと中央のパーツを組んだ状態です。   配線の交換(写真1)  
 
  電球のソケット交換(写真2)  

フランジの連結用の金具(外側)の取替えが必要ですね。

腐食や摩擦により耐久性が低下しているので、交換です。

金具ひとつも雰囲気が馴染むように色を合わせています。

<右側の画像が交換後になります。>

 

フランジの連結用の金具(内側)も腐食がひどいので、

交換します。これで、強度が保たれて安心です。

フランジ内部にある金具なので取付時は見えません。

<右側の画像が交換後になります。>

  配線の交換(写真1)  
 
  電球のソケット交換(写真2)  

錆びついて耐久性、強度が心配なチェーンも交換します。

チェーンも雰囲気を壊さないよう照明に馴染むものを・・

<右側の画像が交換予定のチェーンです。>

 
   
 
 工程5
 古い配線の取替え
   
 

擦り切れて、劣化してしまっている電気配線を日本製の新しい配線に、いちから丁寧に交換

しています。 配線のコードの色は、シャンデリアの雰囲気に合うものを選んでおります。

まず、ご覧頂きたいのが下記の4枚の写真で、古くなり使用を続けるのは危険な配線です。

   
  画像をクリックすると大きい画像で表示します。
 
  古い配線01 古い配線02 古い配線03 古い配線04
   
   
 
古い配線を全て取り除き、日本製の新しい配線に交換します。金属と配線が摩擦で破損しやすい部分には、配線をカバーして摩擦による擦り切れを保護。細かな作業ですが、安全に長くご使用していただく為です。   配線の交換(写真1)  
       
 
 工程6
 組み直し
   
 

最後に、パーツを組んでいきます。

その際、チェーンや仕上げのコードの色、長さの調整もします。

  < 画像をクリックすると大きい画像で表示します。> 
   
   
組み立て01   1.   中央のパーツを組みます。
組み立て02   2.   本体とチェーンを連結します。
組み立て03   3.   チェーンの長さを調整し、見える部分の電気コードは、美しい仕上げになるように透明タイプを使用しチェーンに通します。
組み立て04   4.  

チェーンとフランジを連結し、

電気コードを通す。

組み立て05   5.  

シャンデリア下の飾りパーツを取り付ける。

組み立て06   6.  

電気ソケットを取付て、最後にローソクカバーを装着する。

         
         
 
       
       
 
 工程7
 完成
   
 

以上のような工程を それぞれのシャンデリアに適した加工や修復、部品の交換、美装を施し、

同時に安全にご使用いただくための、点検や補強も欠かさずおこなっております。

  < 画像をクリックすると大きい画像で表示します。>
 
完成   エイジング

リペア完成済み <ローソクカバーは、エイジングタイプを使用しています。>

   
 

ひとつひとつを丁寧にリペアすることにより、80年、90年以上前の古いランプでも、安全に使用することができ、そして世代を超えて、これからも愛され続ける美しいアンティークランプへと生まれ変わりました。

   
   
       

 


 

 

 

シャンデリアの選ぶ前に確認しましょう。
 
     
 
     
 

 

 

 

シャンデリアの選び方
   
 
  1.  シャンデリアのサイズの見方
   
   シャンデリアの「商品詳細ページ」に記載のサイズについて、ご説明いたします。
   
   
 
シャンデリアの各部サイズ  


【シャンデリアの各部サイズについて説明】

高さ:フランジ、チェーン、本体、すべてを含む長さです。
横幅:シャンデリア本体のいちばん端から端までの長さ。
奥行:シャンデリアが円形の場合は横幅と同じ長さです。
長方形や楕円形の場合は奥行として計測しています。
本体のみ:フランジ、チェーンを除く本体の高さです。
チェーンのみ:フランジと本体を除くチェーンの長さです。
 
※ サイズについて
サイズを計測する際に、シャンデリアの形状や傾き、計測

 した位置などにより、サイズに若干の誤差がでることがあ

 ります。あらかじめご了承ください。

 <ご注意>

 ※ フランジのみ高さは、計測しておりません。

   必用な場合はお問合せいただくか、高さよりチェーンと

   本体を引いて、算出してください。

 

   


   
   
   
   
   
 
 
  2.  お部屋の広さで、シャンデリアの大きさ(灯数)を調べましょう。
   
 
部屋の広さ(畳) 灯数 総ワット数
4.5~6 25W電球 6~8灯 150~200W
40W〃 4~5灯
6~8 25W〃 8~12灯 200~300W
40W〃 5~8灯
8~12 25W〃 12~16灯 300~400W
40W〃 8~10灯
12~15 25W〃 16~20灯 400~500W
40W〃 10~12灯
15~20 25W〃 20~28灯 500~700W
40W〃 12~18灯
       
 

~アドバイス~

シャンデリアの明るさは、蛍光灯の3分の1~2分の1程度といわれています。明るいお部屋をご希望とされる場合は、

灯数の多いシャンデリアをお選びいただくか、スタンドランプなどのサブライトとの併用をおすすめ致します。

   

 
 
 
 
 
 
 
  3. お部屋に設置するシャンデリアの高さを調べましょう。
   
 

 チェーンの長さを調節するには、シャンデリアの高さを決めなければなりません。

 では、どのようにして高さを決めれば良いのかご説明いたします。

   
 
シャンデリアをダイニングルームに設置する場合 シャンデリアをリビングに設置する場合
 

ダイニングテーブルの上にシャンデリアを設置する場

合、テーブルに近い位置に設置することで、料理を美

味しく見せてくれる効果も!もちろん、天井の高さや

ダイニングテーブルの高さなど、全体のバランスを見

て高さを決めます。

リビングのセンターテーブルの上にシャンデリアを

設置する場合は、頭をぶつけない程度まで低くしても

大丈夫です。天井が高い場合は、バランスを見て低く

なり過ぎないように注意しましょう。

   




 まずは、設置する予定のシャンデリアのサイズをメモして、メジャーを持ってお部屋に行きましょう。

 

 1、シャンデリアの大きさをメジャーを使って確認してみましょう。

 2、シャンデリアの大きさをイメージしながら、どのくらいの位置にするか、床から(もしくは、天井から)

   メジャーで高さを見てみましょう。

 3、イメージする高さが決まれば、その高さをメモしておいて下さい。

   たとえば、天井からシャンデリアのいちばん下までが XXcm。

   もしくは、床からシャンデリアの下端までが XXcm。(床からの場合は、天井の高さも必用です)

 

 

 

 ~アドバイス~

 ・シャンデリアのサイズが大きい場合は、少し高めに設置するほうが、バランスがよく、圧迫感が少ない。

 ・天井が高いお部屋3m前後(吹き抜けを除く)の場合も、少し高めに設置するほうが、バランスがよいです。

  また、小ぶりのシャンデリアより、灯数の多い大きめのシャンデリアがおすすめです。

 ・どうしても不安な場合は、長めのチェーンにしておいて実際にお部屋に設置する時に、バランスをみて下さい。

  やっぱり長い、シャンデリアが低く感じるのであれば、施工業者や有資格者、電気店にご相談のうえ、チェーンのみ

  をカットしてもらいましょう。

 ・少し見た目が悪くなりますが、市販のS字フックなどで短くすることも可能です。

 

   
 

 

 チェーンの長さが決まったら・・・

 

 チェーンの長さが決まりましたら、チェーンの長さを変更しましょう。

 なお、取付方法についても、確認をしておくと良いでしょう。

 確認しておきたいことは、照明を取り付ける場所の強度や引掛シーリングの有無です。

 強度については、設計図や工務店、不動産会社へお確かめください。

 引掛シーリングは、どのようなタイプか? 大きさ(直径、厚み)をメモしておこう。

 なお、引掛シーリングで取付可能なシャンデリアの重さは、4kgまでです。

 

   

 

 

 


シャンデリアをカスタマイズできます。
 
  1. シャンデリアのチェーンの長さを変更する。
 

 

 1. 短くする場合

 

 チェーンの長さを短くする場合は、無償にて加工いたします。

 

 <注意>-----------------------------------------------------------------------------------------------

 ※チェーンの大きさや形状により、希望の長さに若干の誤差が出る場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 ※チェーンの数が少なくこれ以上短く出来ない、チェーンが特殊で加工が困難、などの理由で短くすることが出来ない

  場合も稀にございます。(ご注文の際に、ご連絡・ご相談させて頂きます。)

 

 

 

  2. 延長する場合

 

 チェーンの長さを長くする場合は、有償にて加工いたします。

 ご希望の高さ(位置)にシャンデリアがくるようにチェーンを交換して調節を致します。

 

 <仕上がりについて>-----------------------------------------------------------------------------------

 チェーンを長くする場合は、チェーンをすべて取り替えることで違和感なく綺麗に仕上がります。

 チェーンのデザインや色については、シャンデリアの雰囲気に合うものを選び、交換いたします。

 加工費はサービスさせて頂きますが、チェーン本体のみ、別途ご負担いただいております。

 チェーンの価格については、使用したチェーンの種類や長さにより、およそ1,000~3,000円ほどになります。

 (別途お見積させて頂きます。)

 

 <注意>-----------------------------------------------------------------------------------------------

 ※チェーンの大きさや形状により、希望の長さに若干の誤差が出る場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 

   

 
 
 
 
 
 
 
  2. 取付プラグを変更する。
   
 

基本は直付けタイプ(配線のままの状態)でお渡しとなります。

ご希望により引掛シーリングタイプへ変更できます。(※無料)

引掛シーリングをご希望の場合はご購入の際に必ずお伝えください。

(※重量が4kgを超える場合は、引掛けシーリングの変更はできません。)

 

【照明の重量が4kg以下の場合】------------------------------------------------------------------------------

天井の配線器具が以下のような引掛シーリングであれば簡単に取付けることができます。

天井側の引掛シーリングにツメをはめて 「カチッ」と音が鳴るまで回せば完了です。

 

 

天井の配線器具(引掛けシーリングの種類)

角型引掛シーリング 丸型引掛シーリング 引掛埋込ローゼット
 角型引掛シーリング  丸型引掛シーリング

引掛ローゼット

(ツメあり)

引掛埋込ローゼット

(ツメあり)

 

   
  ・シャンデリアの取付について、詳しくはこちらをご覧ください。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
  3. ローソク型カバーのカスタマイズ
   
 

シャンデリアやウォールランプなどのローソク型カバーをお好みの色やテイストにカスタマイズ出来ます。

ローソク型カバーは、大きく分けて「 ノーマル・エイジング・カスタム 」 の3タイプより変更ができます。

  ・ローソク型カバーの種類とその特徴
 
ノーマル   エイジング   カスタム  

カスタム

(純正品)   (古びたような加工)   参考画像(1)   参考画像(2)
純正品   エイジング   カスタム 1   カスタム 2
         

・標準装着

(一部を除く)

 

 

・ローソクのエイジング加工

  加工費:¥216-(税込/1本)

 ※照明をご注文のお客様のみ
 

・ローソクのカスタム

 加工費:その都度お見積します。

 ※照明をご注文のお客様のみ
ノーマルには、着色、エイジング加工はしていません。   エイジングには、アイボリーに着色後、エイジング加工を施しています。   カスタムは、お客様のご希望のお色にできます。さらに、エイジング加工を施すことも可能です。
 
 
 

(ご注意)

※こちらの商品は、1点、1点着色を行っていますので色や加工に若干、違いがあります。
※モニターにより、実際の色と若干違って見える場合がありますので、ご了承ください。

※ローソク型カバーの形状に多少の違いがある場合がございます。ご了承ください。

 
 
 
 

3タイプ、それぞれの特徴

ノーマル・・・ お買い上げの商品にお付けする標準装着のローソク型カバーです。(一部を除く)
エイジング・・ アンティークのような色合いと仕上げを施したローソク型カバーです。
カスタム・・・ お客様のお好みでカラーにしたり!さらにエイジングを施すなど、自由にカスタマイズできるタイプです。(デザインをご相談のうえ、その都度、お見積を致します。)
 
 
・ローソク型カバー(ノーマルタイプ、エイジングタイプ)を使用したランプ
 
 

ノーマルのローソク型カバーとエイジング加工を施したローソク型カバーのそれぞれをアンティークランプに使用した画像をご覧下さい。真っ白なノーマルタイプは清潔なイメージになり、エイジングタイプは、よりアンティークの照明にしっくりと馴染みます。是非、照明をご購入と一緒にカスタマイズすることをオススメします。

 

 

▽ 使用したシャンデリアは、5灯式で真鍮製のアンティークです。)▽
ノーマルタイプ(純正品)/ Photo.1
ノーマルタイプ(純正品)/ Photo.2

エイジングタイプ / Photo.1
 
エイジングタイプ / Photo.2
 
 

さらに、カスタムタイプでは、ローソク型カバーをブルーやグリーンなどの色に変更できるので、より幅広くオリジナリティーあるランプを作るこどが出来ます。また、以前にパルテノンでご購入いただいたランプをイメージチェンジしたい場合にも、このローソク型カバーに取替えることで、また違った雰囲気を楽しめます。

 

 

 
 
 
 
 
 
  4. 電気コードを変更する。
 
 
パルテノンの電気コードは、照明の素敵なデザインを損なわないよう、通常は透明のコードを使用しています。透明コードでも、ご使用上や照明の雰囲気を損なうようなことはありませんが、お気に入りのアンティーク照明ならコードにもこだわって、よりアンティーク照明に馴染み、世界でただ1つのオリジナル・アンティーク照明へとカスタマイズすることができます。
 
  コードのカラー
  ※ コードのカラーはモニターにより若干、違って見える場合がありますので、ご了承ください。
 
 

5色の中からお好きな色のコードをお選びいただくか、又は、お気に入りの照明に馴染むコードの色をお選びください。パルテノンの技術スタッフが丁寧にオーダーされた色のコードにカスタマイズいたします。そうすることにより、世界にひとつの "こだわりのアンティーク照明" を造ることが可能です。

 
 

・コードをカスタマイズした照明を見てみましょう。

 
コードをカスタマイズ
 
 

<ご注意>

コードをカスタマイズするには、照明の構造やデザインにより変更できる部分とできない部分があります。また、同じく照明の構造やデザインによってカスタマイズが不可能な照明も稀にございます。

 

 

 

 

 

 

  5. 好きなカラーにチェンジする。
 
 

シャンデリア、ウォールランプ、スタンドランプを自分好みの色にチェンジすることが出来ます。

たとえば、ホワイトやグレーなどのお好きなカラーにペイントをして、シャビーな雰囲気を出すため

所々ペイントを落とし自然な風合いに(エイジング)加工を施します。(加工費別途必要)

 
 
 
 
 
  今回、ウォールランプをペイントした例をご紹介します。
 
 

ペイント前は、真鍮本来の色と輝きです。ですが、インテリアの雰囲気になじまない、お部屋のカラーと合わない、好みの色にしたいというご相談やご依頼から、ご要望に応じてペイント(カラーチェンジ)することが可能です。カラーをチェンジすることで、幅広いインテリアスタイルに違和感なくアンティークランプを取り入れることも可能になります。では、実際にホワイトにペイントし、さらにシャビーな風合いに加工した、ウォールランプをご覧ください。

 

 

  では、ペイント前の状態をご覧ください。      < 画像をクリックすると大きい画像で表示します。> 
 
       
ホワイトにペイントし、シャビー(使い込んだ風合い)に加工したものがこちらです。
       
       
  ・ペイント(エイジング加工)にかかる費用について。
  ペイントによるカラーチェンジ(エイジング加工)は、ご注文の商品よりお見積り致します。
  ※ 持ち込み頂いたランプ(当店以外で購入のランプ)のペイントはおこなっておりません。
   

 

 

 

 

 
   

 

  6. ガラスの装飾をつけてエレガントに!
   
   
 

ガラスの飾りをお好みにデザインして、あなただけのオリジナル照明が
オーダーメイド感覚でこんなに素敵に!

   

 

シャンデリアのガラス装飾

   
 

ご依頼をいただいたお客様のシャンデリアをガラスの装飾をつけてカスタマイズしました。(写真:上)
詳しくは、ブログでご紹介しています「シャンデリアをカスタマイズ!!」をご覧ください。
加工に多少お時間を頂いております。いつでも簡単にお見積り致しますので、お気軽にご相談下さい。

(加工費別途必要)

   
   
   
 
   

 

 

 

 

シャンデリアの取付について
 
  1.  取付について
   
 

基本は直付けタイプ(配線のままの状態)でお渡しとなります。

ご希望により引掛シーリングタイプへ変更できます。(※無料)

引掛シーリングをご希望の場合はご購入の際に必ずお伝えください。

(※重量が5kgを超える場合は、ご相談ください。)

 

 

【照明の重量が5kg以下の場合】------------------------------------------------------------------------------

天井の配線器具が以下のような引掛シーリングであれば簡単に取付けることができます。

天井側の引掛シーリングにツメをはめて 「カチッ」と音が鳴るまで回せば完了です。

 

 

天井の配線器具(引掛けシーリングの種類)

角型引掛シーリング 丸型引掛シーリング 引掛埋込ローゼット
 角型引掛シーリング  丸型引掛シーリング

引掛ローゼット

(ツメあり)

引掛埋込ローゼット

(ツメあり)

 

※ツメありのローゼットの場合、パルテノン・オリジナルの引掛けシーリングに加工をすることにより、シャンデリアをツメに固定するこたが可能になりますので、10kgまでの照明を取り付けることができます。詳しくは、ブログでご紹介しています「シャンデリア 簡単取付加工」をご覧いただきご不明な点やご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

※フランジ(シーリングカバー)の大きさにより引掛シーリングが見える場合があります。

 このような場合の対処法としてパルテノン・オリジナルスペーサーをご用意しております。 

 

 

【シャンデリアの重量が5kg以上10kgまでの場合】----------------------------------------------------------

 

 

・直付けの場合........  

照明の重量が5kg以上10kgまでの場合は安全のため専用部品、加工が必要です。

     
・引掛シーリングの場合  

引掛シーリングの場合上記右上写真の引掛ローゼット、引掛埋込ローゼットで左右にツメがあるタイプの場合は、ツメを利用することにより、10kgまで取付可能です。ただしツメに固定するための加工が必要となります。 詳しくは、ブログでご紹介しています「シャンデリア 簡単取付加工」をご覧いただきご不明な点やご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

(※加工費は別途ご負担いただいております。)

 

なお、いずれの場合も必ず取付ける場所の天井の強度をお確かめください。

 

・専用部品(直径85mm/直付け用)

専用部品

専用部品(1,080円税込)は、ご注文の際にお申し付けください。

※ 専用部品は、直付専用です。引掛シーリングでは取付けできません。

取付けには電気工事店(有資格者)にご依頼することをおすすめします。

 

※フランジ(シーリングカバー)の大きさにより引掛シーリングが見える場合があります。

 このような場合の対処法としてパルテノン・オリジナルスペーサーをご用意しております。 

 

 

 

 

【照明の重量が10kgを超える場合】--------------------------------------------------------------------------

取付けは電気工事店(有資格者)にご依頼が必要となります。

必ず取り付ける場所の天井の強度をご確認してください。

引掛シーリングでは取付けできません。

 

 

 

 

【パルテノン・オリジナルスペーサー】--------------------------------------------------------------------------

フランジの大きさは、直径、深さなどがそれぞれ違います。場合によっては、天井とフランジの間に隙間が

できてしまい、違和感があることも・・・。

 

 

フランジが浮いたように引掛シーリング

との間に空間ができてしまっている。

 

引掛シーリングやツメが見えているので、

スッキリせず、不格好で少し気になる。

 

 

 

このような場合の対処法としてパルテノン・オリジナルスペーサーをご用意しております。

 

スペーサー スペーサー

・オリジナルスペーサー(直径約160mm/木製/無塗装)   <使用イメージ>

 ¥2,160-(税込)

 ※ペイントご希望の場合は、ご相談ください。

 

   

 

 

 

 

シャンデリアの電球について
 
     
  1. 一般シャンデリア形電球  
   
 
一般によく使用されているタイプのシャンデリア形電球です。明るさは、一般的には40Wくらいが暗くなく、明るすぎず調度よいと思います。しかし、同じ40Wを使用していてもシャンデリアの電灯の数や、部屋の広さなどでも明るさは違ってきますので、明るすぎる場合は25Wに下げて電球のワット数で明るさを調節します。25Wや10Wで暗めにするとムードのある落ち着いた明るさでお部屋を演出することができます。
 
 

シャンデリア形 10W

 (クリアタイプ)

シャンデリア形 25W

 (クリアタイプ)

シャンデリア形 40W

 (クリアタイプ)

シャンデリア球 10W シャンデリア球 20W シャンデリア球 40W

 消費電力:10W 金口:E14

 定格寿命:約1500時間

 明るさ●○○○○

 消費電力:25W 金口:E14

 定格寿命:約1500時間

 明るさ●●○○○

 消費電力:40W 金口:E14

 定格寿命:約1500時間

 明るさ●●●○○

 【 特 徴 】

 ガラス球の形状が炎形の電球。

 クリアタイプのほのかな明かりで

 グッとムードな照明が演出できます。

 【 特 徴 】

 ガラス球の形状が炎形の電球。

 クリアタイプの優しい明かりです。

 ムードな照明が演出できます

 【 特 徴 】

 ガラス球の形状が炎形の電球。

 クリアタイプで少し明るめ、

 一般家庭でも良く使われています

 

     
2. シャンデリア形LED電球
   
 
   
 
   
   
  全ての照明に、長寿命で消費電力の低いLED電球をご使用いただけます。
   
 
地球温暖化防止対策として、CO2の排出を減らすのに期待されるLED電球。LED電球は消費電力が少なく、明るさは一般電球と同じ、省エネ、長寿命なエコ電球です。LED電球は一本、4000円前後と高価ですが、電気代をおさえる事が出来、長寿命なため経済的で地球にやさしいと言えます。ですが、現在のところシャンデリア形のLED電球は2Wのみです。今後、種類が増えることに期待していきたいですね。   シャンデリア形LED電球
 
 
 
 

LED電球-シャンデリア形 2W

 (フロストタイプ/半透明タイプ)

LED電球-シャンデリア形 2W

 (クリアタイプ/透明タイプ)

 
  シャンデリア球LED電球フロストタイプ シャンデリア形LED電球クリアタイプ  
 

 消費電力:1.8W 金口:E14

 定格寿命:約20000時間

 明るさ●○○○○

 およそ10~15W相当の明かり

 消費電力:1.8W 金口:E14

 定格寿命:約20000時間

 明るさ●○○○○

 およそ10~15W相当の明かり

 
 

【 特 徴 】

 ガラス球の形状が炎形のエコな電球。

 半透明タイプのほのかな明かりで

 省エネ、長寿命の今後期待の電球。

【 特 徴 】

 ガラス球の形状が炎形のエコな電球。

 透明タイプで至近距離だと点状に見

 える。おなじく省エネ、長寿命です

 
 
  LEDの光の輝きは、一般的なシャンデリア球とは少し違う。
 
     
  シャンデリア形LED電球 使用例   一般のシャンデリア形電球 使用例  
         
 
  シャンデリア形LED電球

シャンデリア形LED電球

(フロストタイプ)

一般的なシャンデリア形電球
     
     
  LEDと一般のシャンデリア球をを比べて見ていただくと光の色や輝き方は違います。 LEDは一般のシャンデリア球に比べるとオレンジ色が弱く、少し硬く冷たい印象の光になるのがわかります。目に優しく温かみを感じるのは一般のシャンデリア球です。消費電力はLEDが2W、一般のシャンデリア球は10~40Wとなります。LEDの明るさは、2Wのもので一般のシャンデリア球の10W~15W相当になります。もしも将来、一般電球の需要がなくなり、LED電球だけになったとしても安心してご使用いただけます。  
         
 
 
 
 

 


  3. こだわりのシャンデリア形電球
   
 
 
   
   
   
   
   
 

・曲がりシャンデリア形電球

シャンデリア電球の上部を手作業にて曲げ、ローソクが風になびいた状態を表した曲りシャンデリア形電球。装飾電球としてお洒落で温かみがあり、霧加工されたフロストタイプでやわらかく優しい灯りです。

   
 

・エジソン球(シャンデリア形)

西暦1879(明治12年)10月21日 米国ニュージャージー出身のトーマス・アルバエジソンは白熱電球の実用化に成功しました。この電球は明治33年頃に東京電気(旧・白熱舎)から発売さた電球を原型としてアンティーク照明に合う完全な形のレプリカとして現在老舗メーカーが製造しているものです。灯りがともると鮮やかで美しい当時のままの雰囲気が甦ります。 電球を点けた時と消した時の「ぼわーっ」というあたたかな感じが、懐かしくもある、そんな・・・灯りにこだわる大人の電球といえるでしょう。

   
 
 

曲りシャンデリア形電球 10W

 (フロストタイプ/半透明タイプ)

エジソン電球 シャンデリア形

 (透明タイプ)

 
  曲りシャンデリア球 10W エジソン球 シャンデリア形  
 

 消費電力:10W 金口:E14

 定格寿命:約1500時間

 明るさ●○○○○

消費電力: 金口:

定格寿命:約1000時間

明るさ●○○○○

 
 

 【 特 徴 】

 ガラス球の形状が風になびいた時の

 炎形で、こだわりのお洒落な電球。

 半透明タイプのほのかな明かりで、

 やさしく温かみのある電球です。

【 特 徴 】

ガラス球の形状が風になびいた時の炎形で、白熱電球の中には導入線と呼ばれるものでフィラメントには綿繊維を炭化(カーボンに)したものが使われています。このフィラメントが固定されており、ここに電流を流す事により、電気抵抗が発生し2000度~3000度の高温になることで白熱化して温かみのある白熱光を生み出しています。アンティークランプに合う、レトロな雰囲気を楽しめる。